大豆の成分でエストロゲンを増やすことが出来る

女の人

更年期の症状と改善方法

胸を押さえる女性

原因と治療法

更年期障害は40代以降に症状があらわれやすく、閉経前の女性に多いことが知られています。更年期障害の治療は、内科や婦人科でおこなうことができます。症状が軽い人もいれば起き上がるのがつらいほどつらく感じる人もいます。症状のあらわれ方には個人差がりますが、病院やクリニックで診察をしてもらい治療をすることで不快な症状を改善することができます。病院での治療は、投薬治療やホルモン補充療法がおこなわれます。ホルモン補充療法とは、女性ホルモンの分泌が不足することが原因でのぼせ・イライラ・不眠が起こるため、注射によって女性ホルモンを補うという方法です。投薬治療では、漢方薬を処方されることが多く体質改善や症状の緩和を目指します。

漢方やサプリメントの服用

更年期障害に効果が期待できるサプリメントや健康食品が、インターネット上やドラックストアで販売されています。女性ホルモンの分泌を助けるために必要なビタミンEや亜鉛などを含むサプリメントが人気です。また、女性ホルモンと似た働きをすることで知られる大豆イソフラボンを含む商品も、数多く販売されています。女性ホルモンの分泌が正常におこなわれるように、食事の内容を見直したり不足しがちな栄養素をサプリメントなどの健康食品で補う人が増えています。漢方薬の中にも効果が期待できるものもあり、病院でも処方されることがあります。当帰芍薬散・加味逍遥散・桂枝茯苓丸・五積散などの漢方薬が、更年期障害の治療に用いられることがあります。