大豆の成分でエストロゲンを増やすことが出来る

婦人

更年期の症状と改善方法

胸を押さえる女性

更年期障害は、閉経前の40〜50代の女性に多いことが知られています。のぼせ・イライラ・不眠などの不快症状があらわれるのが特徴です。ドラックストアでは更年期障害に効果が期待できるサプリメントや健康食品が販売されています。内科や婦人科では、漢方薬やホルモン補充療法によって治療を受けることができます。

詳細へ

食生活を見直そう

栄養剤

現代人は糖尿病予備軍の人が増えており、動脈硬化などの様々な疾患につながってしまう恐れがあるために糖尿病サプリメントが人気があります。血行値を下げることに加えて、様々な健康に良い成分が配合されている商品が販売されています。

詳細へ

不足しがちな必須脂肪酸

複数のサプリメント

サプリメントなどでお馴染みのDHAは、イワシやサバといった魚などに多く含まれている成分です。またの名を必須脂肪酸と呼ばれており、生命維持に欠かせない成分として注目されています。

詳細へ

大豆イソフラボンの効果

両手を広げるウーマン

植物由来の女性ホルモン

大豆胚芽に含まれるポリフェノールの一種が大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンには、「植物性エストロゲン」という植物由来のエストロゲンが含まれています。エストロゲンとは女性ホルモンのことで、大豆イソフラボンを経口摂取することでエストロゲンと同じような働きをすることが分かっています。大豆イソフラボンは、豆乳、納豆、豆腐、油あげ、きなこ、しょうゆ、みそなどの食品に含まれています。また、大豆イソフラボンのサプリメントもあります。サプリメントなら、大豆食品を食べない人でも手軽に植物性エストロゲンを摂取できます。エストロゲンは年を取ると減少しますが、大豆イソフラボンを積極的に摂取すれば増やすことができます。

効果が高いイソフラボン

女性であればどんな人でも女性ホルモンがあります。そして、年齢を重ねるとどんどん少なくなっていきます。女性ホルモンが減るのは避けられないことですが、自分で工夫をして増やすことは可能です。比較的簡単にエストロゲンを増やすことができるのが、大豆イソフラボンです。味噌汁や納豆などの和食を毎日食べていれば、無意識に大豆イソフラボンを摂取しています。最近はスーパーイソフラボンのエクオールも注目を集めています。普通の大豆イソフラボンの場合、そのまま摂取しても効果がない人もいます。しかし、エクオールならダイレクトに女性ホルモンに作用してエストロゲンを増やす効果があります。エクオールのサプリは普通の大豆イソフラボンで効果がなかった人にお勧めです。